検索
  • 鈴木孝紀

「善を行い、平和を追い求めろ」(1/23栃木EMFにて)

みなさんこんにちは。年明け1回目の栃木EMFとなります。

今回は1ペテロ3:8-12の御言葉を見ていきましょう。


最後に言います。みな、一つ思いになり、同情し合い、兄弟愛を示し、心の優しい人となり、謙虚でありなさい。悪に対して悪を返さず、侮辱に対して侮辱を返さず、逆に祝福しなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのです。「いのちを愛し、幸せな日々を見ようと願う者は、舌に悪口を言わせず、唇に欺きを語らせるな。悪を離れて善を行い、平和を求め、それを追え。主の目は正しい人たちの上にあり、主の耳は彼らの叫びに傾けられる。しかし主の顔は、悪をなす者どもに敵対する。」(1ペテロ3:8-12)

前回まで奴隷や妻など立場の弱い人たちへ、ペテロは具体的な助言を語りました。

そして今回はクリスチャン全体への言葉です。

8節「最後に」と語り出したのは、手紙の最後という意味ではありません。

(もしそうであるならペテロはあまりにもお喋りですね。)

2章11節から語り始めている具体的な助言のまとめとしての「最後に」です。



まず8節では「クリスチャン5つの性格」が語られました。


① 一つ思いになる

これは「同じ思いになる」ということですが、その共通点はイエス・キリストです。

共通の信仰告白によって生み出される一致。

イエス・キリストという共通の土台によって、私たちの心は1つとされます。

一体感を生み出そうとするアイデアやイベントでは決してありません。


② 同情し合う

同情という言葉は、原意「ともに苦しむこと」です。

これは心が一つになっているからこその当然の結果と言えるでしょう。

ローマ人への手紙でもパウロは次のように語りました。

「喜んでいる者たちとともに喜び、泣いている者たちとともに泣きなさい。」(ローマ12:15)

キリストの共同体では、お互いの喜びと悲しみが共有されます。


③ 兄弟愛を示す

クリスチャンの父は神です。

つまり皆が同じ神の子供という立場であり、お互いが兄弟姉妹なのです。

「神の家族」というのは綺麗なお題目ではありません。

神様の目には真実であり、私たちクリスチャンにとっても真実なのです。


④ 優しい心を持つ

この原語は「良い心をもつ」という意味になります。

良い心の状態には「優しさ、あわれみ深さ」が伴います。

もし私たちに優しさが欠けてしまっているなら、心の状態を点検する必要があるでしょう。

「あなたがたは、信仰に生きているかどうか、自分自身を試し、吟味しなさい。」(2コリント13:5)


⑤ 謙虚である

謙虚とはキリスト自身が備えていた性格です。

「わたしは心が柔和でへりくだっている」(マタイ11:29)

そしてキリストを信仰するクリスチャン。

つまり私たちにも獲得することができる性格なのです。

「あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。」(マタイ11:29)


これら5つの性格はクリスチャン全体に共通するものです。

そしてこれらの性格によって何が可能となるのか。

それは11節「悪を離れて善を行い、平和を求め、それを追え。」です。



善を行い、平和を追い求める。

これがクリスチャンには不可能なことではありません。

ペテロも9節で具体的に語りました。

9節「悪に対して悪を返さず、侮辱に対して侮辱を返さず、逆に祝福しなさい。」

悪を行われ、侮辱を受けたとしても仕返しをしない。

お返しをするのなら祝福をお返しする。

まさにイエス様が人々に「自分の敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」と語った通りのことが可能となるのです。


イエス様の生涯は私たちの模範です(1ペテロ2:21)。

福音書に描かれたイエス様の生涯は、どうだったでしょうか。

自分に敵対し、悪口を言う律法学者やパリサイ人。

一時はイエス様を受け入れながら、最後に拒絶してしまった群衆たち。

イエス様を十字架にかけ、苦しみを与えたローマ兵たち。

彼らに対してイエス様はこう語ったのです。

「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(ルカ23:34)



イエス様は悪に対して善を行い、神による平和を求め続けました。

人々は拒絶しましたが、イエス様はそれでも尚、彼らのために祈ったのです。

私たちは模範であるイエス様を知識だけでなく、信仰によって知っています。

イエス様の行ったことは他人事ではありません。

なにか教訓や「こうした方がいいよ〜」と教えるだけの昔話でもないです。

現実にイエス様が存在し、歴史の中で生きていた。

自分自身から学ぶようにと生き、今の私たちにも模範を示し続けている。

不可能なことではなく、可能なことを「やりなさい」と言っているのです。


私たちが神から与えられた聖霊によって人を愛せるように。

善を行い続け、平和を追い求めるように。

私たちの力では不可能なことでも、神の力によって可能であると信じて。

ともに善を行い、平和を追い求めましょう。

私たちクリスチャンには出来ることです。

23回の閲覧0件のコメント